プラネックス社からルータと組み合わせて使用する事を想定したWiFiセキュリティユニット「SAKOKU MZK-1200DHP-SKPLANEX SAKOKU MZK-1200DHP-SK」が発売されました。


アプライアンス製品等のファイアウォールを導入している企業等であれば可能ですが、市販のルータに搭載のファイアウォール機能は外部からの攻撃をある程度防ぐのみで、内側からの通信は特に制御はされません。
が、これは逆の発想で内部からのデータ通信を許可したもののみを通過させる仕様になっているそう。
上位ルータで外からの攻撃を、この製品で万が一マルウェア等を侵入させた場合に外部への情報流出を防ぐ事でセキュリティを強化する=ネットワークを「鎖国」するってコンセプトだそうで。
去年末あたりから突然、Windows10端末で一部の無線LANに繋がらないという事象が出てて、あれこれ調べていたのですがようやく糸口が掴めました。
繋がらない無線LANがIEEE802.1x認証をかけているものの更に一部と、かなり限定的な条件だったので苦労しました。