3大WebメールサービスGmail(Google)、Hotmail、Outlookメール(Microsoft)、Yahoo!メール(Yahoo)を含むウェブメールサービスで大量のアカウント情報流出があったかもしれないと報じられました。
ロシア人ハッカーが不正に入手したようで、全体で2億2700万件、その内Yahoo!が4000万件、Hotmailが3300万件、Gmailが2400万件もの流出があったとされています。

まだ、詳細ははっきりしていないようだし自身のアカウントも影響を受けているか不明ですが、これが事実となるとかなりの影響になるのでは・・・
流出しているのは古いデータだとかいう情報もあるようですが、長年パスワードを変えていないユーザはどの道アウトですし。

とりあえず自身の各アカウントに不正ログインがなかったか確認はしておきましたが、今のところ大丈夫そうでした。