最近また忙しすぎて放置気味です。

さて、我が家でせっせと頑張ってくれていた「ルンバ870」、約3年稼働し今年の頭あたりから部屋の中で死んでる事が多々あり「XLifeバッテリー(4419696)」だけ取り寄せて交換して一時はおさまっていました。
(バッテリーだけ買うならたまに楽天でクーポン配ってたりポイントキャンペーンとか利用するとかなり安くできるのでアイロボットストア楽天市場店がおすすめ。)

が、最近また戻ってない事が多く、見てみるとホームベースの充電時の端子が押さえても凹まなくなっていました。
そのせいか、ホームベースに戻ろうとしても戻れてない感じです。
充電時の熱でおかしくなったんだろうか。

買い替えも考えてみたけどバッテリー交換したばっかだしという事でiRobot社の「ルンバ オフィシャル メンテナンス」を利用してみました。
日経トレンディ(とYahoo!ニュースにも)載ってた落し物防止タグの「MAMORIO」。

アマゾンで一番人気の「落とし物発見器」が便利だった - 日経トレンディネット

これ、過去にキーケースを紛失した事があって、予防として導入していたんですよね。
この手のものは色々と販売されていますが、小ささと薄さがダントツでキーケースや財布といったぶら下げるのではなく、中に入れておきたい場合には特に秀逸です。
次回入荷分で予約していたニンテンドースイッチの「Joy-Con充電グリップ」が届きました。

ニンテンドースイッチ Joy-Con充電グリップ 外箱

Joy-Conのサイズから考えれば当たり前だけど、箱ちっさってなりました。
いつの間にやらkobo glo HDが販売終了になってて6インチ機種が姿を消していたけど、5月23日に「kobo aura Edition 2」って6インチ端末の販売が開始されるようです。
glo HDより解像度落ちてるし、劣化版としか思えないですが・・・

あとついでにH2Oの後継機、「kobo aura H2O Edition 2」も。
こっちはmicroSD非対応になったのが大きいような。
先日、超衝動買いしてしまったニンテンドースイッチ
セットアップして暫く遊んでみましたが、良くも悪くもさすが任天堂(マリオカート)ではありますね。

とりあえず開封の儀的なやつ。
ぱかっ。
ニンテンドースイッチ 開封

中は2段になっていて、冗談にスイッチ本体とJoy-Con、下段にその他でした。
続けてまた任天堂さんネタ。

ニンテンドースイッチが発売されてもうすぐ2ヶ月ですか。
予想以上に売れててなかなかPSVR同様に在庫が復活しないようで。

そしてそんなニンテンドースイッチ、分解での調査で推定原価が割り出され、その結果、Nintendo Switch本体+Nintendo Switchドックが約167ドル、ジョイコン✕2が約90ドルの合計約257ドルとの結果が出て話題に。
アメリカでの定価が299.99ドルなので、約40ドルしか儲けがない事に。
もちろん宣伝費とか度外視でです。
任天堂が2017年7月13日に新ハード、「Newニンテンドー2DS LL」を発売すると発表しました。

新ハードというか、「ニンテンドー2DS」の後継機ですね。
商品名通り、画面がLLサイズに。