Date: 2016.09.25
Home / Gadget. / Amazon Fire TV Stick買っちゃった。そしてプチホームシアター完成。
先日の「プロジェクター「Andoer UC40」を買ってみた。」で導入したプロジェクター。
Wi-Fi ドングルレシーバーでの運用がなんとも微妙で「Fire TV Stick買っちゃおうかなぁ。」って言ってたんですが、ちょうど先日20%オフがきてたので結局買っちゃってました(笑)

Amazon Fire TV Stick 外箱


ぱかっ!
Amazon Fire TV Stick 開封

思った以上にしっかりとした箱や同梱物でちょっとびっくり(失礼)

初期セットアップはHDMI繋いで、電源に差し込むだけ。
USBからの電源供給していると検知されるようで、警告でる時があるけど問題なく稼働はします。多分。
初期セットアップといっても無線LANの設定をするぐらいで、ネットワークに繋がると自動でアップデートが確認・実行されます。
次にAmazonのアカウント設定になりますが、どうも出荷前に自動的に紐付けられているのか、アカウント・・・というか本名が表示され、パスワードもなく選択するだけでログインできてしまいます。
これ、誤配達とかされたらさすがにやばくね?とは思うのですが。
その後、Fire TV Stickの紹介とか、リモコン操作のムービーを強制的に見せられ使えるようになります。

で、プチホームシアター完成です。
プロジェクター一式

ベッドの頭側上部の壁に棚つけて「Andoer UC40」と、スピーカーとして「ロジクール Z120BW」を設置しました。
このスピーカーはテレビにもつけているけど、このサイズで結構いい音が出るし、USB電源供給ができて便利なので買い足しました。
レビューとかでも評判はいいしおすすめスピーカーです。
Fire TV StickもスピーカーもプロジェクターからUSBで電源取ってあります。

Fire TV StickはWi-Fi ドングルレシーバーの時のような映像が出ないとかいった事もなく再生が始まってしまえば安定しているので安心できました。
ただ、なるべく早く再生開始させる為か、冒頭から暫くはHD映像で出力されないのでちょっと画質が荒くなってしまいますが。
これはAmazonビデオの仕様っぽいのでどうにもならないので仕方ないです。
まあ、これで大画面での映画鑑賞環境ができたので満足です。
JURASSIC WORLD投影中

ひとつ困ったのはFire TV StickがHDMI CEC(HDMI連動、レグザリンクとかメーカー毎に呼ばれてるやつ)を実装してて、プロジェクター側もまさかの対応してるという。そしてどちら側でもオフにする機能がなくて。
なので、Fire TV Stickは使ってない時は30分で自動でスリープに入る(手動スリープも可)けど、それが何かの拍子でスリープから復帰しちゃうと、給電されているとプロジェクターまで電源が自動で入っちゃうという。
さすがに消費電力が高いので気付いたら電源オンになってたは困りもの。
使う時以外はHDMI抜いとくかとか色々考えたけど、シンプルに電源をシーソースイッチ付のコンセントに挿して使う時だけオンにする事にして、一式まとめてオン/オフできるようにしました。
強制オフでFire TV Stickのソフトウェアが壊れたりしないかは気になるところですが。
まあ、これは少し様子見で。そのうちソフトウェアで対応が入るかもしれないし。


Secret

TrackBackURL
→http://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/155-9d935fd9