Date: 2016.10.13
Home / Game. / PlayStation VR発売!で無事ゲットしてきた。
遂にPlayStation VRがローンチされました。
今日は店舗に引き取りに行かなきゃだし、早く帰ろうと思ってたのに帰る直前で会議入れられてあたふた。
まあ、閉店ギリギリになんとか滑り込んで無事ゲットはできました!

PlayStation VR 外箱

とりあえずね、重い、そしてでかい。
PSVR持ってますよーってモロバレ状態で目立つし、持って帰る間ずっとビクビクしながらでした。


では、開封です。ぱかっ!

PlayStation VR 開封・・・?

ん?箱が出てきた・・・
1枚目の写真のPSVRの画像がついたものは包装紙のように包んでいるだけでした。

なので、改めてぱかっ!

PlayStation VR 開封

説明書が最初に出てきました。
その下にはいよいよ!

PlayStation VR 更に箱が

箱!
箱・・・
真ん中のは中敷きですが、両サイドに箱が2つ乗っかってます。

右の箱はプロセッサーユニット、ACアダプター、USBケーブル、ステレオヘッドホン、取扱説明書が入っていました。
そして左側の箱には・・・電源ケーブルだけが入ってた。
なんだこの割り合い。

で、その箱達の下に残りのケーブル類、VRヘッドセットが。

それぞれのビニールやらを取り除きながらようやく全てと対面しました。
これだけでも気を使いながらで結構疲れた。

PlayStation VR 内容物

各パーツにあるほぼ全部のPSロゴだったりSonyロゴに保護フィルムが貼ってあったのには笑いました。
また、某掲示板では貼ってあった貼ってなかったで話題になっていた、レンズ部分の保護フィルム(緑色っぽいやつ)、自分のは貼ってありましたね。

ここからまた四苦八苦しながら設置、先日の「PSVRの配線についてまとめてみた。」の通りに配線を。
ちなみにUSBケーブルは付属のものではなく、「アクラス PS4/PS3用L型USBケーブル (1.0m) 【両面挿しタイプ】」を用意しました。
これで少しは見栄えがスッキリ。
その他、設置してみて改めて思ったのは、プロセッサーユニットが小さいのはいいんだけど、いかんせん軽すぎる。
そしてケーブル類は硬いし融通あまりきかないしでプロセッサーユニットがすぐに動くのでちょっと困りものです。
せめてVRヘッドセットへの出力ケーブルも背面にしてほしかったかな。

とまあ、個人的に改善して欲しいなと思うところももあるけど先に進めます。
設置、配線が終わればいよいよセットアップです。
PS4⇒PSVRの順に起動してやると勝手にセットアップが開始されます。が。
さっそくアップデートしろと出て、PlayStation VR デバイスソフトウェアがバージョン1.50から2.00にアップデートされました。
アップデートが終われば後は画面に従ってセットアップすれば使用できるように。

で、実際使ってみた感想。
没入感はかなりのものながらも、画質はやはり粗いですね。
スマホを使ったVRに比べれば全然ましですが。

VRヘッドセットは慣れないとつけるのに苦労する。
更にヘッドホンを使う場合はVRヘッドセットつけてからヘッドホンになるので感覚だけではめる事に。
メガネしたままは公表通り、問題なく使えます。
ただ、メガネ、ヘッドセット、ヘッドホンとすると締め付けもかなりで途中で頭が痛くなったので長時間遊ぶのは厳しいなというのが正直なところ。
特にVR非対応のをあえてシネマティックモードで楽しむ、というのはちょっとしんどいかなーと。

コンテンツは無料の「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」「初音ミク VRフューチャーライブ DEMO」「THE PLAYROOM VR」をとりあえず試してみました。

シン・ゴジラのはデモコンテンツとはいえ、うーんといった感じ。(ちょっと雑)
逆に初音ミクのはなかなか良かった。製品版買ってもいいかもと思うぐらい。
PLAYROOMはさすが公式が出してるだけあって無料ながら完成度は高いですね。

早くソフトが充実してくればいいなと思います。

とりあえず一通り楽しんでみて、そして直面した課題。
それはバカでかい箱の保管をどうするかでした。
箱自体は普段から保管ケースにする事を想定してるらしく、クッションもついてたりとしっかり作ってあるのですが、毎回しまうのはさすがに面倒だし。(中の箱とかを全て出して別保管すればまだいいですが。)
とはいえ捨てるのも・・・

【追記】
プロセッサーユニットのHDMI入力にPS4以外でも繋いだらシネマティックモードでみれるとの事。
そのうちPCでOculus RiftHTC Viveの代わりとして使えるようにしようとする人出てきそうだ。


Secret

TrackBackURL
→http://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/164-658ee318