Date: 2016.12.21
Home / Security. / Kaspersky社がランサムウェア「CryptXXXバージョン3」に対応した復号化ツールを無償提供。
以前にもESETやトレンドマイクロ、カスペルスキーなどがランサムウェアの「TeslaCrypt」、「CryptXXXバージョン2」までに対応した復号ツールを公開していましたが、カスペルスキーが新たに「CryptXXXバージョン3」に対応した復号ツールを無償公開しました。

Kaspersky Lab、ランサムウェアCryptXXXバージョン3に対応する復号ツールを無償提供 - Kaspersky

拡張子が.crypt、.cryp1、.crypzで暗号化されたファイルの復号化が可能との事です。


CryptXXXシリーズは依然変わらず猛威を奮っているので復号できる手段が増える事はいい事です。
とはいえ、そもそも感染しない事が大事なので・・・
変なファイルやリンクは開かない事です。

そしてもし感染してしまったとして、その時点で復号化が無理でも金銭等の支払いには応じない事です。

今後もいたちごっこはどうせ続くので、自分の身は自分で守る事が何より重要。


Secret

TrackBackURL
→http://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/193-0ab70789