Date: 2017.05.14
Home / Android. / Lenovo YOGA Book(Android)の新ファームウェア「YB1-X90F_170420」がリリースされていたので適用してみた。
YOGA Book(Android)」で新しいファームウェア、「YB1-X90F_170420」がいつの間にやらリリースされていました。

YOGA Book システムアップグレード YB1-X90F_170420

内容はタッチパッドのオン/オフとマルチウィンドウ時のサイズ調整機能の実装、実験的機能としてキーボードをダブルタップして起動(スリープ解除)とアプリの表示画面強制回転機能の実装、その他不具合修正です。
さすがにAndroidのバージョンは6.0.1のままで、7はきませんでした。
なお、Google AppsとNote Saverアプリの更新はGoogle Play Storeからでも更新かかってたのであえてここに書く必要はないような気も。

アップデートは設定アプリから「タブレット情報」⇒「システムアップグレード」から。


「ダウンロード」を選ぶと開始されるので、サイズは731MBあるしまったり待ちます。

完了したら「OK」を選択すると、自動的に再起動され適用が始まります。
YOGA Book システムアップグレード ダウンロード完了

■タッチパッドのオン/オフ
設定アプリ⇒「Halo Keyboard」⇒「マウス/トラックパッド」欄に「タッチパッドの有効化」が追加。
Fn+F10でも切り替え可能。
必要ない人にとっては待望って感じでしょうか。
YOGA Book タッチパッドの有効化

■マルチウィンドウ時のサイズ調整
設定アプリ⇒「ディスプレイ」に「マルチウィンドウ表示サイズ」が追加。
マルチウィンドウを使わないので詳細は不明。
YOGA Book マルチウィンドウ表示サイズ

■実験的機能
設定アプリの「システム」欄に「実験的機能」が追加になりました。
YOGA Book 実験的機能

開くと「強制回転」と「タップしてウェイクアップ」の設定があります。
YOGA Book 実験的機能内容

■キーボードをダブルタップして起動
まず「タップしてウェイクアップ」の方。
スリープ中にHalo Keyboard部分をダブルタップするとスリープが解除できるようになりました。
開きっぱなしにしててスリープに入った時にこれまでは電源ボタン押す必要があったのでこれは便利。
ただ、素早すぎるダブルタップだと反応しないですね。

■アプリの表示画面強制回転
続いて「強制回転」。
これはキーボード入力時のタイプモードをはじめ、画面が横表示の時の不満が一気に解決されました。
どこが、というとこれまでタブレット非対応アプリはどうやっても縦表示になっていました。
「Aterm Mobile Tool」を例に。
Aterm Mobile Tool 強制回転無効時

そして、「強制回転」を有効にすると、無理やり横画面表示に!
これで操作も捗るってもんです。
Aterm Mobile Tool 強制回転有効時

まあ、あくまで実験的機能なのでアプリによっては不具合が出たりもあるかもしれませんが。

でもこうゆう便利になる機能追加に前向きなのは好感持てるし、どんどん試してみて欲しいですね。
そしてAndroid 7.0 Nougatの実装もぜひ。

【関連記事】
Lenovo YOGA BookのAndroid版を衝動買いしちゃった。
Lenovo YOGA Book(Android)のmicroSDを内部ストレージ化。してみたけどがっかり。


Secret

TrackBackURL
→http://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/228-8bd59f7f