Date: 2016.04.14
Home / Gadget. / RoBoHoNの目指すところはどこなのか。
シャープが発表していたモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」がとうとう5月26日に発売されるそうで。

Android搭載でモバイル通信使っての電話やネット、メール利用、専用アプリで機能の追加、カメラ、プロジェクター搭載、二足歩行やコミュニケーション可能なヒューマノイド型ロボットって事で色々と詰め込んできていますが、これが成功する見込みあるんでしょうか。


そもそも本体価格だけで19万8000円(税別)って、ちょっと買って遊んでみようってレベルではないし、月額980円の専用プラン「ココロプラン」に加入が必須、モバイル通信使うならSIM契約(NTT系)、高額商品なので保守パックサービスに加入もーとなると月額990円の「ケアプラン50」もしくは月額1650円の「ケアプラン」に加入と、一体いくらかかるのか・・・。
しかも保守パックサービスも修理料金の50%もしくは70%割引で結局費用は発生するとね、イニシャルコストもランニングコストも掛かりすぎ。
買収騒動もあるし、どこで切り捨てられるかも分からないので相当な冒険になりそう。

せめて自分でプログラムできたり、PCと繋いでのプロジェクター投影利用できたりと拡張性があればよかったんですけど。


Secret

TrackBackURL
→http://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/54-6399e3e3