Date: 2016.05.02
Home / NAS. / おうちで自作NAS - 組み立て編
いざ組み立てです。

NAS組み立て Betty ケース開けたところ

ケースを開けたところ。
前面も外せます。
が、シャーシに爪で引っかかってるだけですがかなり固く外れそうになかったので、その爪パーツが前面パネル側とネジでとめられていて外せそるようだったのでドライバで外しました。(全5箇所)
ただ、組み立てる前はいいんですが、他のパーツつけてしまうとそれも大変そう。


電源ユニットを取り外したところ。
型番は「SCYTHE-300A」で、SCYTHEのオリジナルのようです。
このケース、本来は縦置きのつくりになっているのですが、足がない事もあって電源ユニットの吸気ファンは内部を向いて取り付けられていました。
ただ、底面に窓はついているし、今回は横置きにしとこうと思っていたのでファンの向きを変えようと一旦取り外したのですが、いざ逆向きに付け直してみたらファンの口と底面の窓の位置がびみょーにずれてた・・・
ので、結局内向きに戻しました。何の為の窓なんだあれ。

NAS組み立て 電源ユニット SCYTHE-300A

マザーボード。ヒートシンクまで真っ黒です。
ヒートシンクは扇型になっていてこうゆうの初めて見たのでちょっとおもしろかった。

NAS組み立て N3700-ITX

結局またここから数時間、色々と格闘してなんとか予定通り全て収まりました。

NAS組み立て 組み込み完了

後は本体パネルをつければ完成です。

NAS組み立て パーツ組み立て完了

非常にコンパクトです。
ただ、改めて思うのはサーバ機やNAS機に比べるとHDD交換は面倒ですね。
それでも本体パネルと前面パネルさえ外せば交換できるし、そうそう頻繁に交換するものでもないのでまあ何とかなるかなと。
前面パネルを外すのが厄介なのはちょっと困りますが。

この後、電源を入れてみて問題なくBIOS(UEFI)が起動し、メモリ、ストレージも全て問題なく認識してくれていました。
ファームウェアも最新になっていて特にする事はなかったので次は構築です。

【関連記事】
おうちで自作NAS - パーツ編
おうちで自作NAS - FreeNAS9.10インストール編
おうちで自作NAS - FreeNAS9.10構築編
おうちで自作NAS - FreeNAS更新編
おうちで自作NAS - FreeNAS ZIL/L2ARC設定編
おうちで自作NAS - FreeNAS ブートデバイスミラー設定編
おうちで自作NAS - FreeNAS UPS連動編
おうちで自作NAS - FreeNAS S.M.A.R.T.設定編
おうちで自作NAS - FreeNAS Scrubs設定編
おうちで自作NAS - FreeNASの更新適用後の注意点。


Secret

TrackBackURL
→http://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/67-4da09481