Windows 10の次期アップデート「Fall Creators Update」が予定通りリリースされました。

今回も全ユーザに一斉に通常リリースされず段階的に実施されるので、また更新アシスタントで当てるかーと思ってたら何故かWindows Updateに普通に出てきました。
かなり古いPCなのに初回のロールアウトに含まれてたみたい。
バージョン1709が今回の「Fall Creators Update」になります。
Windows 10 Fall Creators Update Windows Update
本日、Intelの第8世代Coreプロセッサ、開発コード「Coffee Lake-S」を搭載したパソコンが解禁となりました。

ドスパラでも「Core i7-8700K」を搭載した「GALLERIA FZ」をはじめ、リリースされていました。

なお、日本での「Coffee Lake-S」CPU単品販売は11月になってからのよう。
Lenovo「YOGA Book(Android)」で新しいファームウェア、「YB1-X90F_170902」がリリースされていました。

YOGA Book システムアップグレード YB1-X90F_170902

そして、ようやくAndroid 7.0 Nougatになりました。(バージョンは7.1.1になります。)

Lenovoのサイトではリリースが10月予定で、まだステータスが完了になっていなかったので油断してたのですが、どうやら9月末にはリリースされていた模様です。

Android アップグレードマトリクス - Lenovo
Sophos XG Firewall Home Editionのファームウェアアップデート「SFOS 16.05.8 MR-8」がリリースされていました。
HA構成にしてから初のファームウェアアップデートです。
※大した更新がなかったのであえて記事にはしてなかったですが、「SFOS 16.05」にはリリース直後にアップグレード済、「SFOS 16.05.7 MR-7」まで適用済だったので今回はメンテナンスリリース適用になります。

さて、どうやるの?状態で軽く調べてみたけどいまいち情報を見つけられず、もういいやととりあえずやってみる事に。
レッツトライ。
今ではすっかりiOSと言えばAppleな感じがありますが、IOSはIOSでもCiscoのスイッチ、「Catalyst 2960L(WS-C2960L-16TS-JP)」を自宅用に買っちゃいました。

Cisco Catalyst 2960L


前々からNTT-X Storeで箱汚れ特価って税込み9,980円で出てて気になっていたけど、とうとう衝動買いを。
最下位のLAN Liteのみですが、自宅用であれば十分です。
勉強用としてならL3スイッチも欲しいんですが、まあそのうち。
iOS 11へのメジャーバージョンアップ後、初のメンテナンスバージョン 11.0.1 が早速リリースされました。

セキュリティアップデート情報(Apple セキュリティアップデート)も出ていない事から、iOS標準メールアプリでMicrosoft関連アカウント(Outlook.comとかOffice365とか)を利用した際に送信不可になる不具合の修正の為のようです。

全く使っていないのそもそも影響もなかったですが、さくっとアップデートしてしまいました。
iOS 11が正式リリースされたので早速アップデートしてみました。
ちなみにwatchOS4は落ちてこなかったので保留中です。

で、タイトルの件。
コントロールセンターからWi-Fiをオフにし、画面ロックが一度かかった後、解除するとなぜかWi-Fiを掴んでいたので何度か試してみたけどどうやらそういう仕様になったっぽいです。
ちなみにコントロールセンターでオフにした状態で、設定アプリ > Wi-Fiと開くと設定自体はオンのままで「新しいWi-Fiネットワーク接続はコントロールセンターでオフになっています。」と出るように。
iOS 11 Wi-Fi接続はコントロールセンターでオフになっています。

この変更いりますかね・・・。