Date: 2017.02.17
Home / Android. / Lenovo YOGA Book(Android)のmicroSDを内部ストレージ化。してみたけどがっかり。
Lenovo YOGA BookのAndroid版を衝動買いしちゃった。」で入手していた「YOGA Book」。
しばらく使ってみたけど、かなり便利ですっかりお気に入りです。

で、暫く外部ストレージとして使っていたMicroSDカードを内部ストレージ化してみる事に。
一番の理由としては「楽天kobo」対策なんですけどね。
Kobo Glo HD」もあるけど、最近はコミックやら参考書やらの電子書籍にも手を出していたのですが、Androidの楽天koboアプリが書籍データをSDカードに移せないいけてない仕様なので内部ストレージ化して、古いAndroidのようにアプリ移動できればどうにかなるんじゃないかという期待で。


まあ、結論から書くと意味がなかったというか、SDカードの内部ストレージ化がこれまた残念仕様だったので利用するのは断念したんですが。

とりあえず内部ストレージ化メモなど。
新しくMicroSDカードを刺した時に外部ストレージにするか内部ストレージにするか聞かれますが、今回は一旦外部ストレージにしてたのでそこからの変更です。

設定アプリから「ストレージとUSB」⇒外部ストレージのSDカードと選択して、右上の[︙](点3つ)ボタンから「設定」を選択します。
YOGA Book ストレージとUSB SDカード

設定画面から「内部ストレージとしてフォーマット」を選択します。
YOGA Book ストレージとUSB SDカード設定

画面に従ってフォーマットを開始させ、処理が終わるのを待ちます。
YOGA Book SDカード 内部ストレージフォーマット中

ちなみに、microSDカードは東芝の「EXCERIA UHS-I U3」を用意してたけど、「このSDカードは速度が遅いようです。」と怒られました。実際には利用に実害はなかったですが。
YOGA Book このSDカードは速度が遅いようです。

フォーマットが終わると内部ストレージのデータで移せるものを移動するか尋ねられます。
これ、今回の肝でもあるんですが、とりあえず「後で移動」を選択しました。
YOGA Book データを新しいストレージに移動

「ストレージとUSB」に戻るとSDカードの外部ストレージ表示が消えています。
ただ、端末のストレージの下の容量は内部ストレージの分しか表示されていないです。
YOGA Book ストレージとUSB 内部ストレージ化後

とりあえずアプリを移動してみます。
設定の「アプリ」から「楽天Kobo」を選択。ストレージ欄は内部ストレージになっています。
YOGA Book 楽天kobo 移動前

そのストレージ欄を選択し、使用されているストレージの「変更」を選択します。
なお、移動できないアプリは表示されません。
YOGA Book 楽天kobo ストレージ

ストレージの変更で内部ストレージからSDカードにチェックを変更します。
YOGA Book 楽天kobo ストレージ変更

移動が終わると、アプリ画面のストレージ欄が外部ストレージの表示に変わります。
YOGA Book 楽天kobo 移動後

移動完了後の「ストレージとUSB」。SDカードの使用量が増えています。
相変わらず端末のストレージの下の容量は内部ストレージの分しか表示されていないですが。
YOGA Book ストレージとUSB アプリ移動後

ここで「楽天Kobo」アプリを立ち上げ、書籍データをダウンロードしてみたのですが・・・
内部ストレージ側の使用量が増えていきました。
結局のところ、アプリは移動できてもアプリのデータは内部ストレージに保管されるのが固定のようで。

そこでフォーマット後に出てきたデータ移動を手動でやってみる事に。

設定アプリから「ストレージとUSB」⇒SDカードと選択して、右上の[︙](点3つ)ボタンから「データを移行」を選択します。
YOGA Book ストレージとUSB SDカード 内部ストレージ化後

画面に従い、データを移動させます。
結果、書籍データもSDカード側に移動は確かにできました。
ただ、予想していましたが全アプリのデータ、というか画像用ディレクトリとか含め、ユーザデータがSDカード側に全て移ります。

で、ファイラーアプリ等でストレージを参照しようとすると、SDカード側しか参照ができません。
(使用しているSolid Explorerで確認しました。)
YOGA Book Solid Explorer SDカード

データを内部ストレージに戻してみます。
同じように「ストレージとUSB」⇒内部ストレージと選択して、右上の[︙](点3つ)ボタンから「データを移行」を選択します。
YOGA Book ストレージとUSB 内部ストレージ

移動が完了後、改めてSolid Explorerで確認すると案の定、内部ストレージしか参照不可。
YOGA Book Solid Explorer 内部ストレージ

要はアプリ・ユーザデータがある方しか操作や参照ができない仕様なようでした。
Windows PCとUSB接続してみても、参照できるのは同様にそれぞれどちらかのみ。

結局のところアプリ本体とアプリデータをSDカードに移動もできるようになるけど、分けて置くとか、内部ストレージが圧迫されてきた時に気にせず退避はできるようになるぐらい。
そして、SDカード側にアプリデータを移してSDカードが壊れた時はデータが完全に吹っ飛ぶ等リスクの方が高い。

なので、結局当初の思いは捨てて、microSDは外部ストレージとして利用する。に落ち着きました。
内部ストレージが64GBもあればそうそう枯渇する事もないと思うしで。

外部ストレージに戻すにはその際もフォーマットがかかるので、移動したアプリやデータがあればまず必ず内部ストレージに戻しておきます。
そして、「ストレージとUSB」⇒SDカードと選択して、右上の[︙](点3つ)ボタンから「外部ストレージとしてフォーマット」を選択します。
YOGA Book ストレージとUSB SDカード 内部ストレージ化後

警告が表示されるので問題なければ下部の「フォーマット」を選択します。
処理が完了するのを待てば外部ストレージに戻ります。
YOGA Book SDカード 外部ストレージフォーマット

せっかくのSDカードを内部ストレージ化してアプリを移動できたりするように戻ったのでもう少し便利になってくれればと思いますね。

【関連記事】
Lenovo YOGA BookのAndroid版を衝動買いしちゃった。
Lenovo YOGA Book(Android)の新ファームウェア「YB1-X90F_170420」がリリースされていたので適用してみた。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/207-872a4762