Date: 2016.04.03
Home / VMware. / おうちでVMware - パーツ編
ようやくはじめます。自宅に検証用兼ねてVMware ESXi機立てちゃおう計画。

ESXi構築パーツの山

パーツはちょっと前に揃ってたんですが、仕事でも急にVM基盤構築案件受け持ったり時間がかかりすぎた事もあって気持ちが折れかかってました。
それでも部屋内にパーツの山ができててさすがに邪魔になってきたので。
とりあえず今回用意したパーツ紹介です。


マザーボード


最上位チップセットZ170である必要は結局なかったんですが、SkylakeのLGA1151ソケット、mini-itx規格、Intel LANが2つ搭載という条件にマッチしたのがこのボードだったので選びました。
特にNICは蟹(Realtek)NICはなんとなく避けておきたかったので、選択肢がほぼありませんでした。
また、今回の要件には全く必要ないんですが、802.11ac対応無線LANも標準搭載されてたり、最新のUSB Type-Cをはじめ、これまた全く必要ないけど背面インタフェースも豊富です。
4K対応だったりオーディオ出力もかなり強そうで見れば見る程別の事に使いたくなってくる罠。

CPU


最新Skylake世代CPU使いたかったにつきます。i7じゃなくてi5なのはお金の問題です(笑)
まあ、とりあえずこれぐらいのスペックで十分かなーと。

CPUクーラー

DEEPCOOL GAMMAXX 200T
元々買おうとしてたものが当分手に入らなさそうだったので急遽、ドスパラに行って物色したものです。
価格コムで情報ないし、Amazonでも売ってないのでレアなのかこれ。
取り付けはかなり苦労しましたが、音はなかなか静かです。
ちなみにサイドフローにしたのは元々買おうとしたCPUクーラーがケースとセットで勧められてたのでそれに乗っかってたからです。

元々選んでたのは↓これ。

メモリ


DDR4対応なのでもちろんDDR4です。
DDR4標準スペックのPC4-17000(2133MHz)版もありますが、PC4-19200(2400MHz)で若干のOCを選びました。
32GBにしようかと思ったけどまだまだ高かったのでこちらもとりあえず。

HDD


2本購入。3.5インチ、SATA3.0、7,200rpmの条件でまあ安かったので。
なぜ2本なのかは・・・Inte Rapid Storage TechnologyでRaid組もうと安易に考えていたので。
ところがどっこい、ESXiはサポートするRaidがそもそも限定的でIRSTのような簡易RaidやソフトウェアRaid、所謂フェイクRaidはサポートしてないのを後で知ったわけです。(失敗①)
普段サーバ機しか触らないので認識が甘すぎました。
VM上にZFSでiSCSIなストレージ作ってかますかとも考えたけどリソースがきつくなりそうなので断念。
とりあえずストレージ分散に使う事にします。

SSD


2.5インチ、SATA3.0、MLCメモリーの条件で選択。最近はTLCばっかりでMLCが少ない。
何のためかというと、vSphere Flash Read Cache(vFRC)使おうと思ってました。
まあ、vFRCにはvCenter必須と後から知ったわけですがorz(失敗②)
さすがにライセンス買う余裕なんてないし、仕方ないのでホストキャッシュの方で使う事にします。。。

PCケース


mini-ITXで3.5インチ2つ、2.5インチ1つ搭載できる事が条件でできる限りコンパクトって条件で探してこのキューブ型ケースに落ち着きました。
前面に200mm吸気ファンが搭載されています。
サイズは分かってたつもりだったけど、いざ届いて実物見ると予想以上に大きく感じてしまった。
それでも内部はギリギリのスペースなので組み立て時は結構苦労しました。

電源ユニット


電源容量は500Wもあれば十分だったので、少しでも省電力になればと価格は割高になるけど80PLUS PlatinumのATX電源にしました。
今回の要件ではコネクタ数も十分でした。
ケース内が狭いのでプラグイン式にすればよかったかもですが。

ケースファン


2個購入。背面排気用ファン。
このシリーズ、同じサイズでも数種類あるのですが、PWMで制御したかったのと、少しでも静かにしたかったので静音タイプを選択。
それでも割とうるさいかも。

ファン分岐ケーブル


マザーボード上のFANポートがCPUの他、システムFAN用が1つしかないのでPWM制御の分岐用に。
システムFANポートから背面FAN2つの回転制御しつつ、電源ユニットから前面FAN含めて電力供給させます。
※標準搭載の前面FANは3ピンです。

と思ったらこのマザボ、システムFANは4ピンなのにPWMではなく、どうやっても背面ファンが全力回転しかしてくれなかったので結局CPUファンポートから分岐になりましたが。

USBメモリ


ESXiインストール用です。
背面のマザーボードUSBポートに挿しっぱなしになるのでなるべく小型のもので選びました。
容量はもっと小さくても十分です。


この他SATAケーブルとか細々したものも買ってますがとりあえず割愛。

【関連記事】
おうちでVMware - 組み立て編
おうちでVMware - ESXiインストール編
おうちでVMware - NICドライバインストール編
おうちでVMware - ESXi UPS連動編
おうちでVMware - ESXi機メモリ増設編


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/42-131258c6