Date: 2016.04.06
Home / VMware. / おうちでVMware - ESXi6.0インストール編
ようやく本来の目的だったVMware ESXiの構築開始です。
(正直ここまでまとめるのが面倒だった。)

IBM(Lenovo)サーバ機やネステッドでの構築は何度かやってきたけど、そもそもこの構成で動くのかすら不明なまま超見切り発車してしまってるのでここからがある意味一番恐怖との戦いでもあります。

構築するのは最新の「VMware vSphere ESXi 6.0 U2」です。
もちろん無償版なのでvCenter Serverが使えないのでWeb Clientは使えませんが。
でも何でも新しいものの方がいいに決まってる。


前振りはおいといて、作業開始です。
ISOファイル落としてきて、いざ、インストール!といきたいところですが、わざわざDVDメディア作るのももったいないと思い、ESXiインストール用USBメモリとは別のやつにツール使ってISOイメージ書き込んでブートしてみる事に。

インストールイメージの書き込みには「Rufus」というツールを使用しました。

Rufus画面

Windows PCで作者様サイトからダウンロードしてきて、PCにUSBメモリ挿して、ソフトを起動してISOイメージ指定。
その他はデフォルトのままスタート!で暫くしたら難なく完了しました。
なお、ファイルシステムはUSBメモリのフォーマットが標準で選ばれますが、exFATだとISOイメージを指定してブートディスクを作る事ができないので、ここでFAT32とかに変更が必要です。

準備も完了した(はず)なので、いよいよ本番です。
その作成したUSBメモリと、ESXiインストール用USBメモリを両方挿した状態で恐る恐る起動。



と、ESXiインストーラー画面きた!
ハードウェアチェック全てクリアして先に進む画面きたー!
インストール先にUSBメモリ選べたーーー!
ここまできたらインストールの壁は問題なく突破できたはずなので一気にテンション上がりました。

後は画面に従うだけです。
で、順調にインストール完了まで進み、リブートまでいって、ESXi起動完了。

もう少しはまるかとも思ってたけど、順調過ぎてある意味困りました。いや困らないけど。
スクリーンショット取れないし、順調すぎるしで超ざっくりでお送りしました。

とりあえず、これにてインストール編、

- 完 -





管理用IPアドレスだけ設定しとこうと思ったらNIC片方しか認識してないんだけど。     <続く>

【関連記事】
おうちでVMware - パーツ編
おうちでVMware - 組み立て編
おうちでVMware - NICドライバインストール編
おうちでVMware - ESXi UPS連動編
おうちでVMware - ESXi機メモリ増設編


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/45-e7b9c08d