NEXT mobile」の20GBプランを契約しちゃいました。

とはいっても実家用にですが。
昨年、「新発売された据え置きSIMフリーLTEルータ「Aterm HT100LN」が気になる。」で触れていた「Aterm HT100LN」が取扱機種に入っていたので、この記事の時から検討していたネット環境がない実家に作ってあげようと。(1年引っ張ったのは結局、どこの格安SIMも遅すぎる速度面の懸念があったので・・・)

Aterm HT100LN 外箱

Aterm HT100LN」は、というかこのキャリアはWAN側、つまり回線側にはキャリアアグリゲーションで受信最大150Mbps/送信最大50Mbpsの上限があるけど親のスマホを繋ぐためぐらいであれば十分かなと。
正直、大手キャリア3社の公称値なんてアテにならないぐらい出ないし。
他のスペックも問題なし。

Aterm HT100LN

そしてかなりコンパクトです。
Aterm MR05LN」と並べてみると約2台分。

サイトではAPN設定を自分でしろとありましたが、実際にはセットアップされていました。
AV機器やスマホ向け製品、IoTを使ったスマートホームサービスのConteなどを展開していたピクセラ社が「ピクセラモバイル」としてMVNOに参入しました。

データ専用のみの展開ですが、LTEの高速通信で通信量上限なし、それで月額1,980円(税別)、ピクセラが発売していたLTE対応USBドングル「PIX-MT100」とセットで申し込めばずっと月額1,480円(税別)になるという超格安です。

PIX-MT100」もなかなかいい機器だとは思うし。
モバレコ」が2つのプランを引っ提げて格安SIM事業に新MVNOモバレコモバイルとして参入するそうです。

プランの1つは「超激混み激安プラン」。
最大1Mbpsの回線に1000契約以上を詰め込んで提供する、1000契約に届かなかったら提供しない。
初期費用2000円、月額298円で中古スマホ(何が届くかはお楽しみ)がセットで提供と、どこに魅力を見出せばいいんよ状態。
500MBまで使えるプリペイドSIMがついた「月刊 家電批評 2016年4月号」がまだ本屋に残ってたので買ってみました。
IIJmioとのコラボです。

月刊 家電批判 2016年4月号

0SIM by So-netがついた「デジモノステーション 2016年2月号」の時は完全に乗り遅れて買えなかったけど、こっちは発売から2週間経っても普通に買えるというね。(3/3発売だったようです。)