6月6日に手動で更新プログラムのチェックを行った環境でもアップデート可能な状態になるようリリースされた2019年最初の大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update(コードネーム:19H1、Version 1903)」。
色々やらかした「October 2018 Update(Redstone 5、Version 1809)」と違い、今回は大きなトラブルもなさそうだしさくっと当てておこうかなと思ってました。

ましたが、今日現在、いくら手動で更新プログラムのチェックを行っても出てきてくれません・・・
以前はUSBストレージやSDカードが悪さするとか、ストレージ構成によってはダメとか色々情報があったけどメインPC、「GPD Pocket 2」、VM上の仮想PCの全てでダメで、これは構成うんぬんじゃないなーとは思っていたんですが、そこまで力入れて調べる気もなく半分放置してました。
Sophos Home Windowsがv2にメジャーバージョンアップ。したら「GPD Pocket 2」が死んだ。」で書いていた通り、長らく「GPD Pocket 2」でSophos Homeがまともに使えず、仕方なくWindows Defenderを使っていました。
まあ、別に動作に支障があるわけでもないし、自宅内であればXG Firewallがあるのでさほど問題ではなかったんですが。
(Windows Defender自体精度が上がっているらしいですしね。)

正直検証も面倒だし、あれから放置が続いていたんですが、4月22日にv2.1.2のリリースノートが出てクライアントのアップデートに気付きました。
クラウド型エンドポイントマルウェア対策の「Sophos Home」。
そのWindows向けクライアントの次期メジャーバージョンのv2台が正式リリースされ、v2.0.11になっちゃいました。
(v2.0.10まではBetaでした。また、Mac版は結構前にv2台になってた。)

バージョンアップ後の大きな機能変化は見られないですが、クライアント側のインターフェースはかなり変化。
Sophos Home v2.0.11 ダッシュボード
新年とっくにあけましておめでとうございます。

書こう書こうと思いつつ、すっかり忘れていました。
GPD Pocket 2」を約2ヶ月、ちょこちょこ使ってみての感想です。

とりあえずメーカーは推奨していませんでしたが、「Windows 10 October 2018 Update」を適用しても特に不具合なく動作していますね。
ちなみに、そんなに必要性はなかったんですがWindows 10 HomeからProにアップグレードしてあります。
INDIEGOGOで「GPD Pocket 2」の先行販売に予約出資しちゃった。」で書いていた、「GPD Pocket 2」。
新しいMac Book AirかiPad Proに思いを馳せていたら届きました。(若干忘れてた。)
ギリギリ10月着でした。

GPD Pocket 2 化粧箱

化粧箱、思った以上にしっかりされていておしゃれでした。
ちょっと一部凹んでたけど・・・。
Windows 10の次期大型アップデート「October 2018 Update」、リリースされてから暫く経ちますが不具合が多すぎてかなり危険なアップデートになっています。

リリース直後に一部環境でユーザーディレクトリ配下のファイルが勝手に削除されてしまうという最悪なバグが見つかり公開を一旦停止していました。
最近は大型アップデートでもすぐにWindows Updateに降ってきていたし、来なくてもリリース直後に手動で当てたりもしていたんですが、今回は時間があまり取れなかったりもあって見送っていた為に、そのバグに該当する環境だったかは定かではないですが難を逃れていました。
昨年発売された7インチUMPC「GPD Pocket」、その後継機が海外クラウドファンディングの「INDIEGOGO」で先行販売として出資募集が開始されたので支援しちゃいました。

GPD Pocket2: 7.0' UMPC-Laptop 'WIN 10 OS'
GPD Pocket 2 外観

10月発送予定でメモリ8GB版が$599でした。しかも送料無料。