Appleが開催したWWDC(The Apple Worldwide Developers Conference) 2019で色々と発表があったので簡単にまとめ。

新ハードの発表はないかと思ったけど「Mac Pro」とディスプレイ「Pro Display XDR」が発表に。
「Mac Pro」はおろし金にしか見えないと話題になってました。
発表の法則性が分からない・・・
2ヶ月前に急遽「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」発表したのも記憶に新しいですが、今度は急に「iPod touch(第7世代)」を発表しちゃいました。

iPod touch(第7世代)

WWDC 2019が迫っているのにこのタイミングで発表とは、同じパターンです。
発表から2ヶ月、今更だけど、悩みに悩んで結局買っちゃいました。
iPad mini(第5世代)」!
iPad mini(第5世代) 外箱

やっぱりこのサイズ感の誘惑には勝てなかった・・・
なお、Wi-Fiモデルです。
えっ?!今日!?新製品発表があったとしてもてっきり25日のイベントだと思ってました。

iPad mini(第5世代)

Appleが久しぶりの新型iPad miniシリーズの「iPad mini(第5世代)」(mini 5じゃない)と、更にこれまた急な復活の新型「iPad Air(第3世代)」を発表しました。
どっちも正直びっくり。mini5は出る出ると何度も噂になっていたけど、今回も噂で終わると思ってただけにね。

それにしてもAppleは製品名の付け方をもう少し考えた方がいいんじゃないかと。
ここでまた番号なしに戻るとは・・・
2018年のAppleの新製品発表会第二弾、Special Event 2018「There's more in the making.」を簡単にまとめ。

Apple Special Event Sep '18 「There's more in the making.」

今回はニューヨーク開催だからか3時間の時差のおかげで日本時間では23時開始でしたね。何か違和感。
Apple ♥ NY

iPhone、Apple Watchシリーズが発表されたApple Special Event 2018「Gather round.」から1ヶ月半、iPhone XRも発売され出揃ったタイミングで次の発表会です。
今回はMacとiPadシリーズの新製品発表が中心になりますね。
そして、もう見捨てられたと思われていた「iPad mini 5」の噂が出てきていたので注目です。
タイトルは「無線LANばり便利」 by ヤバイTシャツ屋さんのいじりです。
※内容にヤバTは関係ありません。

で、本題。結局用意しちゃいました。

LEPLUS Qiワイヤレス充電器&cheero QC3.0 ACアダプタ 外箱

iPhone XS Max用にMSソリューションズ社の「LEPLUS Qiワイヤレス充電器」です。
あと、ACアダプターが同梱されておらず、フルスペックを出すにはQuick Charge 2.0/3.0対応が必要との事だったので「cheero USB AC Charger QC3.0」も。
うん、割と大きい出費。
iPhone XS Maxが届いてから早5日、使用感など。

本体サイズはiPhone 7 Plusと同等なので違和感はないですが、画面サイズは一気に大きくなった感がやはり一番感じる点ですね。
ホームボタンがなくなった事でアプリの最小化時等は画面一番下から、コントロールセンターはノッチ右側を上から、通知センターはノッチ左側を上から(どれも縦画面時)をスワイプする必要がある事もあって、片手操作はもうさすがに無理です(笑)
というか、歩きながらとか落としそうで怖くて怖くて。

アプリの対応度はまちまちですね。
iPhone X/XSではどうか分かりませんが、画面サイズにだけあわせたように引き伸ばされているアプリの大半が明らかにノッチ部分を考慮されていなかったり、画面下も丸みを帯びた形状になっているけど若干ボタンとかがかぶっていたり、明らかにはみ出していたりと。
逆に「ファイナルファンタジーレコードキーパー(FFRK)」はサイズ追従せずにこんな事になっていましたが。
FINAL FANTASY Record Keeper 画面サイズ未対応
変に拡大だけして操作に影響出すぐらいならこちらの方がいいけど、大画面は生かされていませんね。(iPhone 7 Plusからなので余計に違和感。)