iOS 11が正式リリースされたので早速アップデートしてみました。
ちなみにwatchOS4は落ちてこなかったので保留中です。

で、タイトルの件。
コントロールセンターからWi-Fiをオフにし、画面ロックが一度かかった後、解除するとなぜかWi-Fiを掴んでいたので何度か試してみたけどどうやらそういう仕様になったっぽいです。
ちなみにコントロールセンターでオフにした状態で、設定アプリ > Wi-Fiと開くと設定自体はオンのままで「新しいWi-Fiネットワーク接続はコントロールセンターでオフになっています。」と出るように。
iOS 11 Wi-Fi接続はコントロールセンターでオフになっています。

この変更いりますかね・・・。
昨日発表され、まずは明日から予約開始のiPhone 8/iPhone 8 Plus。
あえてiPhone 7sを飛ばしてナンバリングを上げてきたウリの1つがワイヤレス充電への対応。

だった訳ですが、どうやら付属品としてワイヤレス充電器は同梱されないようです。
Apple新オフィス「Apple Park」のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催の新製品発表会「Apple Special Event」まとめ。

Apple Special Event September 12, 2017

今夜(日本時間2時頃)いよいよ今年のiPhoneなどの新製品発表イベントが開催となります。

その直前にリークによって色々漏れちゃったみたいでAppleは怒り心頭のようですが、その情報から今年発表のiPhoneは「iPhone 8/iPhone 8 Plus」と、10周年記念のフラグシップモデルが「iPhone X」(読み方は不明)になるようです。
この情報通りだとこれまでの流れに逆らってs付きシリーズを飛ばしてきた事になりますね。

iPhoneシリーズ全てにワイヤレス充電の「Qi(チー)」搭載、フラグシップモデル「iPhone X」はディスプレイが有機ELに、そしてホームボタンをなくしてTouch IDが廃止になるかわりに顔認証するFace ID搭載なんかの情報が出ています。
気付けばもう9月で暦上では夏が終わっちゃいました。あっという間すぎた。

そして、毎年恒例の秋のAppleの新製品発表イベントが今年は9月12日午前10時(日本時間 9月13日午前2時)からApple新本社のAppleパーク スティーブ・ジョブズ・シアターで開催となるようです。

特に、毎年新型iPhoneとiOSのメジャーアップデート(今年はiOS11)は一番の話題ですね。
ただ、今年はiPhone10周年という事もあって、異例のiPhone7sシリーズとiPhone8を同時投入と噂されています。
iOS 10.3、watchOS 3.2、macOS Sierra 10.12.4、tvOS 10.2がAppleから一挙に正式リリースされました。

まず、iOS 10.3の大きな変化点はファイルシステムが「Hierarchical File System Plus(HFS+)」から「Apple File System(APFS)」に変わったところですかね。
「APFS」は2016年のWWDCでAppleが「HFS+」に変わるファイルシステムとして発表していたもので、SSDに最適化されている為に高速化と強力な暗号化が実装されているのでセキュリティ強化が期待されます。

何でこんな大きな変更を10.3という中途半端なマイナーアップデートにぶつけてきたんだろうとは思いますが、まあ「HFS+」自体20年近く前の仕組みだし、今後、同じく「HFS+」をまだ使っているmacOSにも展開するんでしょう。
先日リリースされていたiOS10.2、スクリーンショット音が消音できるようになったぐらいで他にめぼしい内容はないなーぐらいに思っていたのですが、今日何気にiPhoneの電話設定を開いてみたらですよ。

「着信を知らせる」が「音声で知らせる」の表記に変わってるじゃないか!

iOS 10.2 音声で知らせる

これを見た時、最初は「音声で知らせる」って何だ・・・?ってなりましたが(笑)