Appleの新製品発表会Apple Special Event 2018「Gather round.」を簡単にまとめ。

Apple Special Event Sep '18. 「Gather round.」
今年も間もなく、日本時間9/13 AM2:00よりAppleの新製品発表イベント、Apple Special Event「Gather round.」が開催されます。

Apple Special Event Sep '18. 「Gather round.」

先立ってAppleオンラインストアがメンテナンス入り。

Apple Store 少しだけお待ちください。

これも恒例ですね。今年のメッセージは「少しだけお待ちください。」
やっぱり毎年これはワクワクしちゃいます。
Appleのマイナーバージョンリリース祭りです。
iOS 11.3、watchOS 4.3、tvOS 11.3、macOS High Sierra 10.13.4とマイナーバージョンが一斉リリースされました。
基本的には機能改善やセキュリティ対策が主になります。

iOS 11.3にはバッテリー劣化による勝手にパフォーマンス制限が大騒ぎになった事もあって、実装を予告されていた「バッテリーの状態」機能がようやく実装に。とは言ってもまだベータ扱いみたいですが。
iOS 11.3 ソフトウェアアップデート
Appleのマイナーバージョンリリース祭りです。
iOS 11.1、watchOS 4.1、tvOS 11.1、macOS 10.13.1のマイナーバージョンがリリースされました。

どれも不具合修正や機能改善、セキュリティ対応がメインのようですが。
とりあえずざっとまとめ。
Apple新オフィス「Apple Park」のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催の新製品発表会「Apple Special Event」まとめ。

Apple Special Event September 12, 2017

今夜(日本時間2時頃)いよいよ今年のiPhoneなどの新製品発表イベントが開催となります。

その直前にリークによって色々漏れちゃったみたいでAppleは怒り心頭のようですが、その情報から今年発表のiPhoneは「iPhone 8/iPhone 8 Plus」と、10周年記念のフラグシップモデルが「iPhone X」(読み方は不明)になるようです。
この情報通りだとこれまでの流れに逆らってs付きシリーズを飛ばしてきた事になりますね。

iPhoneシリーズ全てにワイヤレス充電の「Qi(チー)」搭載、フラグシップモデル「iPhone X」はディスプレイが有機ELに、そしてホームボタンをなくしてTouch IDが廃止になるかわりに顔認証するFace ID搭載なんかの情報が出ています。
iOS 10.3、watchOS 3.2、macOS Sierra 10.12.4、tvOS 10.2がAppleから一挙に正式リリースされました。

まず、iOS 10.3の大きな変化点はファイルシステムが「Hierarchical File System Plus(HFS+)」から「Apple File System(APFS)」に変わったところですかね。
「APFS」は2016年のWWDCでAppleが「HFS+」に変わるファイルシステムとして発表していたもので、SSDに最適化されている為に高速化と強力な暗号化が実装されているのでセキュリティ強化が期待されます。

何でこんな大きな変更を10.3という中途半端なマイナーアップデートにぶつけてきたんだろうとは思いますが、まあ「HFS+」自体20年近く前の仕組みだし、今後、同じく「HFS+」をまだ使っているmacOSにも展開するんでしょう。