タイトルの通り、地デジ用の室内用ペーパーアンテナを購入。
といっても自宅用ではなく、実家が引っ越す事になったけど、光テレビ(+ネット)の工事に時間がかかりそうなのでとりあえず試してみようかと。

ペーパーアンテナ、Amazonとかでは似たようなのが大量にありますが、購入したのはヴィンテージクールジャパンてとこの「ULTRA-THIN HDTV ANTENNA」です。
まあ、中国産ですが、日本法人が取り扱っているようでパッケージにも日本語があるようにサポート面ではまだ大丈夫かなと。

VINTAGECOOL JAPAN ULTRA-THIN HDTV ANTENNA

正直こんなので映るのか半信半疑でしたが。
フィリップモリスが新型IQOSの「IQOS 3」を発表しました。

IQOS 3

見た目が大きく変わってる・・・。
充電がUSB Type-Cに変わり、急速充電も可能に。
チャージャーは「プロテクトプラス」とかいう衝撃耐久性の向上を実装し、コンパクトに。
そしてサイドパネルの交換もできるそうで、現行機までのホルダーのキャップのようにカスタマイズができるそうです。

また、新型ホルダーは充電時間が約40秒短縮されるそうでこれは結構大きいですね。
後、現行機はホルダーをチャージャーに入れる向きが固定だったけど、接点を円状に変更したとかでどんな向きでもいいそうです。
タイトルは「無線LANばり便利」 by ヤバイTシャツ屋さんのいじりです。
※内容にヤバTは関係ありません。

で、本題。結局用意しちゃいました。

LEPLUS Qiワイヤレス充電器&cheero QC3.0 ACアダプタ 外箱

iPhone XS Max用にMSソリューションズ社の「LEPLUS Qiワイヤレス充電器」です。
あと、ACアダプターが同梱されておらず、フルスペックを出すにはQuick Charge 2.0/3.0対応が必要との事だったので「cheero USB AC Charger QC3.0」も。
うん、割と大きい出費。
AmazonのFire TV Stick最新作、「Fire TV Stick 4K」がクリスマス商戦に向けて12/12に発売に。
価格は現行機から2000円アップの¥6,980に。

目玉は4K対応と、音声認識リモコンがAlexa対応になったところでしょう。
4K Ultra HD、HDR、HDR10、HDR10+、Dolby Visionに対応、オーディオもDolby Atoms対応に。
パワーが必要になると思われるので、プロセッサもクアッドコア1.7GHz(MediaTek MT8695)に強化、専用GPU「PowerVR GE8300」も搭載されています。
(Bluetoothも5.0 BLEが対応になっています。)
でも、正直このStickサイズで熱とか大丈夫なんだろうか。
若干、本体サイズは大きくなったみたいですけどね。

まあ、うちではFire TV Stickは格安プロジェクターでしか使用していないし、そもそも4K環境がないのでスルーですが。
以前、「上海問屋(ドスパラ)のタッチパッド付き小型ワイヤレスキーボード「DN-915265」を買ってみた。」で購入していた上海問屋(ドスパラ)の「DN-915265 タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」。

タブレットとか、ちょっと使いには割と便利なんだけどやっぱりキー配列に困る事が多々あったんですが、これの日本語配列モデル「DN-915459 [日本語配列] タッチパッド搭載 2.4GHz ウルトラコンパクトワイヤレスキーボード」を出してきました。
DN-915459 キー配列
ドスパラが上海問屋ブランドから発売された「DN-915265 タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」を買ってみました。
発売した事は知っててたまたまドスパラに寄ったら1個だけ残ってたから衝動買いしちゃったんですが、結構人気あるっぽい。

上海問屋 DN-915265 タッチパッド搭載ミニワイヤレスキーボード 外箱

なお、上海問屋が販売するってだけで、実際にはRiitek社の「Rii Mini Wireless Keyboard i15」そのものです。
技適はちゃんと取得されています。
プロリンクジャパン社から発売されたIQOS互換製品の「gippro エレクトロニック スティック SW-2」を買ってみました。
gipproはジプロと読むようです。

アイコス自体も持っているけど、ちょっと試してみようかなと。
ちなみに、この製品はホルダー本体のみで完結する製品です。
アイコス互換品の為、アイコスのヒートスティックが使用できます。

gippro SW-2とIQOSの外箱比較。
gippro SW-2のカラーは現状、赤色のみです。
なお、gipproロゴの小さい方の箱はSW-2の交換用の「加熱ブレードコアユニット」(定価2,000円)。
gippro SW-2とIQOS 外箱

Amazonとかは分からないですが、こっちで買うと今ならおまけでもらえます。⇒「gippro SW-2 - ドラレコ問屋
今月、10月17日にリリースされるWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」、そのアップデートでいよいよWindows Mixed Reality(以下MR)が実装されます。

そして、Windows MR対応ヘッドセットも色んなメーカーから発売予定になっていますが、まずはAcerが「Fall Creators Update」リリース同時発売する「Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101CV」の予約が開始に。

Acer Windows Mixed Reality Headset AH101


Amazonの他、ヨドバシ.comなんかでも予約受付中になっています。
(個人的に外観の色使いが微妙ですが・・・)
先日、Amazonが音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカー、「Amazon Echo」の年内発売を表明。
昨日にはGoogleがMade by Googleイベントで「Googleアシスタント」搭載「Google Home」の日本参入を発表、10月6日から順次発売予定のようです。
Appleも「HomePod」が国内参入を予定しています。

そして、今日はLINEがAIアシスタント「Clova」を搭載する「Clova WAVE」の正式版を発表、本日から発売となります。

一気にスマートスピーカーの普及が加速してきました。
日経トレンディ(とYahoo!ニュースにも)載ってた落し物防止タグの「MAMORIO」。

アマゾンで一番人気の「落とし物発見器」が便利だった - 日経トレンディネット

これ、過去にキーケースを紛失した事があって、予防として導入していたんですよね。
この手のものは色々と販売されていますが、小ささと薄さがダントツでキーケースや財布といったぶら下げるのではなく、中に入れておきたい場合には特に秀逸です。