今年2種の新型が出るかもと噂されていた「Nintendo Switch」。
その片割れ、Joy-Con付属なしで本体一体型の携帯モード特化された「Nintendo Switch Lite」が任天堂から本当に発表されました。
9月20日発売で価格が19,980円(税別)。3色展開。

Nintendo Switch Lite 3色

カラーリングもこれまでよりポップになってるし、値段も下がって携帯ゲーム機派、2台目以降用など、人気は出そうです。
長年待ち望まれていたPSNオンラインIDの変更がいよいよ解禁になるようです。

PSNのオンラインID変更機能プレビュープログラムを近日実施。正式実装は2019年初頭を予定 - PlayStation Blog

とはいっても、まずはプレビュープログラム(システムソフトウェアベータテスター)に参加して当選した人のみとなり、正式実装は2019年初頭を予定となっています。
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「PlayStation 4 Pro」を10月12日から5,000円値下げし、39,980円(税別)への価格改定を発表しました。
予約も開始しています。

しかも以前、数量限定で販売されていた「PS4 Pro グレイシャー・ホワイト」も通常ラインナップに。

地味に改良された「CUH-7200BB01」が9月18日に発売されたばかりなのにこのタイミングでの価格改定とは・・・。
任天堂が発売して大ヒットとなった「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」。
セガも2019年に延期となったけど「メガドライブ ミニ」を発売を予定していたりと、選ばれたゲームソフトを予め収録した往年のゲーム機の外観を小型化し復刻したものが流行ってはいますが。

そこに、とうとうソニー・インタラクティブエンタテインメントも便乗、初代プレステを復刻した「プレイステーション クラシック」を12月3日に発売するそうです。
プレイステーション クラシック

収録ソフトは20作品でコントローラ2つ付き。
PlayStation VRが発売されたのが昨年10月13日。
あれから1年、新型PlayStation VR(CUH-ZVR2)が登場してきました。

PlayStation VR(CUH-ZVR2)
次回入荷分で予約していたニンテンドースイッチの「Joy-Con充電グリップ」が届きました。

ニンテンドースイッチ Joy-Con充電グリップ 外箱

Joy-Conのサイズから考えれば当たり前だけど、箱ちっさってなりました。
先日、超衝動買いしてしまったニンテンドースイッチ
セットアップして暫く遊んでみましたが、良くも悪くもさすが任天堂(マリオカート)ではありますね。

とりあえず開封の儀的なやつ。
ぱかっ。
ニンテンドースイッチ 開封

中は2段になっていて、冗談にスイッチ本体とJoy-Con、下段にその他でした。
続けてまた任天堂さんネタ。

ニンテンドースイッチが発売されてもうすぐ2ヶ月ですか。
予想以上に売れててなかなかPSVR同様に在庫が復活しないようで。

そしてそんなニンテンドースイッチ、分解での調査で推定原価が割り出され、その結果、Nintendo Switch本体+Nintendo Switchドックが約167ドル、ジョイコン✕2が約90ドルの合計約257ドルとの結果が出て話題に。
アメリカでの定価が299.99ドルなので、約40ドルしか儲けがない事に。
もちろん宣伝費とか度外視でです。
任天堂が2017年7月13日に新ハード、「Newニンテンドー2DS LL」を発売すると発表しました。

新ハードというか、「ニンテンドー2DS」の後継機ですね。
商品名通り、画面がLLサイズに。
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の発売日発表会が開かれ、発売予定が7月29日と発表に。
そしてPS4版3DS版の予約も開始されました。
予想以上に早い発売でびっくり。

初回限定では経験値が増える「しあわせのベスト」とゴールドが増える「なりきんベスト」がついてくるそう。
他に、両方同梱されたスペシャルパッケージ「ドラゴンクエストXI ダブルパック 勇者のつるぎボックス」なんてのも。
クロスセーブはメーカーの異なるハード展開で難しいけど別の方法を検討中だそうで、セット販売もするって事は可能の目処がたってるんですかね。