Date: 2017.01.14
Home / Game. / ニンテンドースイッチの発売日が3月3日に決定。1月21日から予約開始。
先日、任天堂が開催した「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」でニンテンドースイッチを3月3日に発売と正式発表しました。
今月21日から予約も開始されるようで、価格は29,980円(税別)。

価格はこんなもんかなーとも思いつつも税込みだと3万オーバー、ソフトとかもってなると4万近く必要ですね。
いつも価格設定(と初期コンテンツ発売)ミスって泣いてるので大丈夫なんだろうか。


商品構成はNintendo Switch本体(タブレットの方)、Nintendo Switchドック(テレビとつなぐ据え置きの方)、専用コントローラーJoy-Con、Joy-Conストラップ(ただのストラップじゃなくLRボタンを押しやすくするアタッチメント付)、Joy-Conグリップ(Joy-Conだけで合体させるやつ)、ACアダプター(USB Type-C)、HDMIケーブルです。

カラーは2種展開、ですがJoy-Conがグレーかネオンブルー&ネオンレッドの違いだけ。
任天堂公式で1月23日にオープン予定の「マイニンテンドーストア」で予約すればJoy-Conの4箇所にグレー、ネオンブルー、ネオンレッドの好きな色を指定してオリジナルのNintendo Switchを購入できるサービスもあるようです。あくまでJoy-Conだけですけど。

あとはWiiのクラシックコントローラの位置付け的な「Nintendo Switch Proコントローラー」や、Joy-Conグリップに充電機能が搭載された「Joy-Con充電グリップ」なんかの周辺機器も公開されていました。

改めてJoy-Conはサイズの割にモーションIRカメラ、HD振動、加速度センサー、ジャイロセンサーなんかも搭載されていてよく作られているなーって印象です。
ただ、気になるのはJoy-Con左右それぞれもだし、Nintendo Switch本体をタブレット状態で使うにはあたりまえですがバッテリー稼働しているわけで。
バッテリー容量は本体が4310mAhでバッテリー駆動時間は2.5~6.5時間程度、Joy-Conがそれぞれ525mAhで20時間程度と発表されています。
そして本体は連続稼働は短すぎる気もするけど単独充電もできるのでいいんですが(端子はまだまだ普及が進んでいないUSB Type-Cにしなくてもよかったのにーって個人的には思うけど)、Joy-Conは本体から取るか、上記の別売の「Joy-Con充電グリップ」からしか充電する方法がないようです。
しかもフル充電には最大約3時間半もかかるという謎。
なので最初から「Joy-Con充電グリップ」付属でよかったんじゃないのと思わざるを得ない。

とりあえずこれは様子見かなー・・・今のところ発表されたソフトも個人的に微妙そうだし。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/199-a1466d2f