Date: 2017.05.18
Home / Gadget. / スマートタグ(落し物防止タグ)の「MAMORIO」は便利だけど検知に癖があるので注意。
日経トレンディ(とYahoo!ニュースにも)載ってた落し物防止タグの「MAMORIO」。

アマゾンで一番人気の「落とし物発見器」が便利だった - 日経トレンディネット

これ、過去にキーケースを紛失した事があって、予防として導入していたんですよね。
この手のものは色々と販売されていますが、小ささと薄さがダントツでキーケースや財布といったぶら下げるのではなく、中に入れておきたい場合には特に秀逸です。


ただ、割と癖もあるので注意が必要です。

まず、電池交換ができないので使い捨てです。
公表では約1年もつとの事ですが、これはマイナスポイントですね。
一応、交換プログラムってので割安で交換はできるみたいです。
なお、今はどうか不明ですが、買った時にSpecial Ticketってのがキャンペーンでついてて、1個無料で頂いたので予備保管しています。

次に実際にアプリでの紛失検知。
自分はiPhoneアプリで登録、監視を行っていますが割と誤検知が多い。
iPhone、MAMORIOを両方持ち歩いていたり、自宅内にあっても「手元にありますか?」って頻繁に通知が出る時が多々あります。正直うっとおしい。

特に顕著に出るのがBluetoothヘッドホンやイヤホンをつないで音楽聴いている時。
まあ、そもそもMAMORIOとスマホもBluetooth(BLE)でペアリングしているので仕方ないのかもしれませんが、繋いでいない時でも夜中に大量に通知が出てる時があったりします。
(そういえばApple WatchもBluetoothペアリングか。。。)
自宅内での検出はアプリのアップデートを繰り返しているうちに減ったような気もしますが。
アプリのレビューでも誤検知が多いって書き込み多かったし。

そして、実際に紛失した時。というか疑似紛失が起こった時に気付いたんですが。
(鍵紛失で色々ひどい事になったのでもう二度と紛失はしたくない・・・)

ちょっとコンビニに行く時にiPhoneを置いてMAMORIO入りのキーケースだけ持って家を出たんですが、帰ってからiPhoneを見ても一切検知をしていませんでした。
ん?iPhone側から圏外に出たのにこれでは意味がありません。
その後も何度かそのパターンを試してみましたが、結果は変わらず。
アプリ側で通知タイミングの調整とかできるのでそのあたりもいじってみたけど意味なしで。

次にMAMORIOをキーケースから取り出して自宅に置いて、iPhoneを持ち出してみたところ、無事(?)紛失を検出。
こちらも何度か試したけど、問題ありませんでした。

この事から想定されるのはスマホ側の移動を検知しないとMAMORIO自体の監視していないんではないかというところ。
MAMORIOアプリで過去の経路履歴をある程度見れるんですが、確かに仕事中とかでほぼ動いていない時間帯には数時間置きにしか履歴がないんですよね。
そうであれば上述した通り、アプリの改修で自宅内での誤検知が減った気がするのも納得ですが。
ただ、結局のところスマホ側を置きっぱにしてる時に紛失すると気付けないって事になるんですけどね。

それでも多少の安心感は得られるし、邪魔にもならないしおすすめですね。
スマホ側のバッテリー消費も気になった事がないレベルです。

その他、アプリに実装されているすれ違い機能で、他の人に発見してもらう機能なんかもあるし。
まあ、自分の周りでそもそも発見した事がなく、全く機能できておらず恩恵はないんで、もっと流行ってくれた方がありがたいですね。
ユーザだけに頼らず、固定の専用アンテナを設置して検出する「MAMORIO Spot」なんてのも進めているようですが。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/231-27251caf