Date: 2017.09.29
Home / Server/Network. / IOSが乗った新たなおもちゃを買っちゃった。Ciscoの方だけど。
今ではすっかりiOSと言えばAppleな感じがありますが、IOSはIOSでもCiscoのスイッチ、「Catalyst 2960L(WS-C2960L-16TS-JP)」を自宅用に買っちゃいました。

Cisco Catalyst 2960L


前々からNTT-X Storeで箱汚れ特価って税込み9,980円で出てて気になっていたけど、とうとう衝動買いを。
最下位のLAN Liteのみですが、自宅用であれば十分です。
勉強用としてならL3スイッチも欲しいんですが、まあそのうち。




同梱物は非常にシンプルで電源ケーブルと、横置き用のゴム足、壁掛け用のネジ、電源ケーブルの抜け防止用バンドのみ。
仕事柄常に持ってるので気にしなかったですが、コンソールケーブルは入ってません。

これまでVM機のNICをWAN側とLAN側でvSwitch分けて1つづつ割り当ててたけど、これでVLAN切って1つのvSwitchで冗長性を持たせられるってもんです。
ますますどこに向かってるのか分からなくなってきましたが(笑)

ちなみに、購入時に気になっていた「箱汚れ特価」という言葉。
どんだけボロボロだったり、ぐちゃぐちゃだったりするんだろうとか思っていたのですが、届いてみたら拍子抜けするぐらいきれいなもんでした。
箱の角にちょっと汚れがかすんでるぐらい。
正直、職場にもCiscoの箱がごろごろ転がってますが、そもそもCisco機器って海外から機器毎の箱のままで発送されていたりも普通だし、もっとボロボロできったないのも当たり前でむしろきれいすぎるってのが率直な感想でした。
それに、ヤマトや佐川が持ってくる時ってどんな段ボールもだいたい汚れや凹み当たり前なのでどこでついたか分からないレベルでした。

とりあえず弄るのは週末にでも。

【追記】
2960シリーズだし、L2スイッチだとばかり思ってたらL3機能持ってた。
ip routingも普通に入った。びっくり。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/248-aa8cee68