Date: 2018.01.24
Home / Android/Google. / Google Home Miniで家電を操作。おまけ.AndroidとeRemoteで赤外線信号コード取得。
というわけでおまけ編です。

Android端末しかないだとか、Homebridge使いたくないって場合に「eRemote RJ-3」で赤外線信号コード取得する方法です。
なお、もちろんですがAndroid端末が必須になります。




まず、Android端末にGoogle Playストアから「RM Bridge」をインストールします。
RM Bridgeインストール

アプリ起動したところ。Stoppedの部分をタップでサーバが起動します。
RM Bridge 起動

サーバ起動したとこ。URLが表示されているので控えておきます。
RM Bridge Start

なお、右上の「︙」からSettingsを開くと、自動起動やポート番号の変更、認証の設定もできます。
信号取得時しか使わないものになんてちゃんとした設定項目。
RM Bridge Settings

まず、ブラウザで「RM Bridge - Code Learning」にアクセスします。
まず、「Step 1: Set RM Bridge Address」の欄にアプリ上に表示されているURLを入力し、「Load Devices」を選択します。
RM Bridge - Code Learning Step1

すると、「Step 2: Select RM BroadLink Device」デバイスが表示されるはずです。
RM Bridge - Code Learning Step2

「Step 3: Learn Code」の「Code Name」に任意で名前つけて、「Learn Code」を選択します。
RM Bridge - Code Learning Step3

eRemoteの学習ランプが点くかと思いますので、学習したいリモコンボタンを押して信号を飛ばします。
すると、「Step 4: Test the Result」が現れてコード関係が表示されます。
RM Bridge - Code Learning Step4

この中で、「Plain Command」中の「"data":"xxxxxxx"」部分のxxxxxxxが赤外線信号コードになります。

「Learn Code」を押せばまた続けて学習できるので必要なコードを回収していきます。
これで前回記事「Google Home Miniで家電を操作。パート2.Google AssistantをIFTTT連携させて音声操作。」に進めばGoogle Home Mini連携は同様にできます。

暫く使ってみていますが、改めてライトのオンオフだけでも十分便利でもう手放せないかも。
他にも天気聞いたり時間を聞いたりとスマホでもできるけどとっさに声だけで欲しい情報が聞けるのはいいですね。
欲を言えばやっぱり「OK, Google」の発言が若干面倒なので使えるキーワードはご検討頂きたいですね。

【関連記事】
Google Home 関連記事一覧。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/275-3fe87970