Date: 2018.03.31
Home / Apple. / iOS 11.3、watchOS 4.3、tvOS 11.3、macOS High Sierra 10.13.4がリリース。iOSはベータ版だけどようやく「バッテリーの状態」が実装。
Appleのマイナーバージョンリリース祭りです。
iOS 11.3、watchOS 4.3、tvOS 11.3、macOS High Sierra 10.13.4とマイナーバージョンが一斉リリースされました。
基本的には機能改善やセキュリティ対策が主になります。

iOS 11.3にはバッテリー劣化による勝手にパフォーマンス制限が大騒ぎになった事もあって、実装を予告されていた「バッテリーの状態」機能がようやく実装に。とは言ってもまだベータ扱いみたいですが。
iOS 11.3 ソフトウェアアップデート




「設定」 > 「バッテリー」と開くと「バッテリーの状態(ベータ)」の項目が追加されています。
iOS 11.3 バッテリー

更に開くと「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」ってのが確認できます。
iOS 11.3 バッテリーの状態(ベータ)

ピークパフォーマンスは予期せぬシャットダウンが発生した時に自動で発動し、パフォーマンス管理(制限)がされるようになるみたい。
手動で無効に戻る事も可能との事。

ちなみに、このピークパフォーマンスとは別に、バッテリーの劣化があった場合もここに表示されます。
iPhone6で確認したら「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。」となっていました。著しく・・・最大容量はまだ83%もあるのに基準がよく分かりません。
iOS 11.3 お使いのバッテリーは著しく劣化しています。

iOS以外ではwatchOS 4.3はwatchOS 4で廃止されていたiPhone内の音楽ライブラリー表示、再生機能が復活に。
その他、縦向きでのナイトスタンドモードが可能に。
あとは「HomePod」のコントロールも。

tvOS 11.3はフレームレートマッチング機能が第4世代Apple TVにも実装。

macOS High Sierra 10.13.4ではeGPU(外部グラフィックスプロセッサー)がサポートされるように。
それよりも大きな脆弱性としてAPFSファイルシステムのパスワードが平文表示される不具合の修正の方が大きい気がします。

機能的にはどれもそこまで目立ったものはないけど、セキュリティアップデートも含まれているので早めの適用を。

(安いうちにiPhone6のバッテリー交換しようかなぁ。でも持ち込み面倒だなぁ・・・)


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/282-8e7c0eb8