Date: 2018.07.11
Home / Security. / Sophos Homeが残念な改悪をしてた。(日本語版正式リリース。)
Sophosが無償提供していたクラウド型エンドポイントマルウェア対策のSophos Home。
Sophos Homeを試してみる。」で書いた時から2年近く、複数台に導入して利用していましたが、この度、日本語版無償提供開始と正式にリリース発表がありました。

ソフォス、個人向けセキュリティソフトSophos Home日本語版を無償で提供開始 ~先進的なマルウェアやハッキング攻撃から個人ユーザーを保護~ - Sophos

あわせて機能拡張された「Sophos Home Premium」もアナウンス。
個人的には気付いたら日本語化がされていたし、今更だなーとか思っていたんですが。




が。
「Sophos Home」の機能比較ページ見てて気付いた。

保護されるデバイスが「Sophos Home Premium」が10台、「Sophos Home Free」が3台。

ん?

これまで個人利用に限り無償でWindowsとMacを10台まで利用可能だったよね。
それが3台に減ってる・・・

でも今すでに5台ほど登録されている状態です。
何で?前から使ってる人は免除?とか一瞬思ったんですが、ふと思い出した。

β版時代に無償でアップグレードして検証してくれって出ていたから「Sophos Home Premium」にアップグレードしていました。
そして今年の初め頃、気付いたらExpiry(有効期限)が表示されていて、あー正式リリースされたんだなぁぐらいにしか思っていませんでした。
まあ、1年経ったらまたFree版の機能だけでいいやと。
Sophos Home Premium Subscription

どうやらPremiumの正式リリースにあわせて制限はかかっていたようでした。
まさか台数にも制限かけてくるとは・・・
いや、まあ、今までが太っ腹すぎただけなんだとも思うけども。
エンドポイント製品は主に企業向けの「Sophos Central」だけではやっていけないとなったんだろうか。

最大10台で¥5,500/年はまだ良心的かなとも思うけど、サブスクリプション型って個人的には好きじゃないんだよなぁ。
除外の設定とかもクラウド型の性質上ちょっと面倒だし有償にしてまで使うかってのも悩みどころです。
(ローカルファイルの除外だけクライアント側でできる。)
この状態で有効期限迎えたらどうなるのかが分からないけど、年内中メドに使い方、セキュリティ製品どうするか等を考えておかないと。

あと、「Sophos XG Firewall Home Edition」は改悪されない事を願います・・・

【関連記事】
Sophos Homeを試してみる。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/290-0e9ab12c