Date: 2019.01.05
Home / PC関連. / 「GPD Pocket 2」を2ヶ月ほど使ってみた感想。
新年とっくにあけましておめでとうございます。

書こう書こうと思いつつ、すっかり忘れていました。
GPD Pocket 2」を約2ヶ月、ちょこちょこ使ってみての感想です。

とりあえずメーカーは推奨していませんでしたが、「Windows 10 October 2018 Update」を適用しても特に不具合なく動作していますね。
ちなみに、そんなに必要性はなかったんですがWindows 10 HomeからProにアップグレードしてあります。




相変わらずキー入力やポインティングデバイスには慣れず、完全にこの形状のメリットを活かせていません・・・
キーボードは先月、日本向けにKeyboard Firmwareがリリースされてキー配列が更新され、「Alt」+「半/全」を押さないと「半/全」が切り替わらなかったところとかが改修はされましたが、配列が色々変わったりもあったりで。
で、その対処として日本向けキーボードステッカー「Japanese keyboard sticker」が発売されていますが20ドルもするし、ちまちま貼るのも面倒そうです。
(現在出荷されている本体には無料でついてくるようです。)

ちなみに、INDIEGOGOを覗いてみるとその「Japanese keyboard sticker」の他、キーボードパーツ、バッテリー、スクリーンパネル、外装といったパーツのバラ売りが開始されています。
どうせなら初めから日本向け印字されたキーボードパーツを売ってくれたらいいのに。

あとはブラウジングにも画面や文字の小ささと、結局タッチパネル操作しちゃってる事もあってしんどいですね。

じゃあその他に何に使用してるかと言えば、
Amazonプライムで映画。
ライセンス余っていたのでDiXiM Play入れて、テレビでゲームしながらテレビ転送して流し見。
そしてSteamのゲーム。クロノトリガー程度なら余裕でサクサク動きます。
まあ、どれも割とCPUはぶん回るので本体は熱くなりますが。
GPD Pocket2 Steam

完全にマルチメディア機化してますね。
正直、「GPD WIN2」の方が良かったんじゃないかと今は思っていますが・・・。
というかタブレットでいいような。

今のところ個人的にはこんな感じですが、せめてキー配列に慣れれば使い道は増えると思うし、やはりこのサイズ・スペックでWindowsが使えるのは大きいですね。
キー操作が慣れてくれればそれこそサーバーやネットワーク機器のCLI操作用途とかにも使えそうだし。

【関連記事】
INDIEGOGOで「GPD Pocket 2」の先行販売に予約出資しちゃった。
「GPD Pocket 2」がようやく届いた!


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/320-9514a64f