Date: 2019.02.10
Home / Android/Google. / サブスマホをSIMフリー「AQUOS R compact」に機種変更。
IIJmio」のデータSIMで主に楽天Edy、nanacoモバイル、モバイルSuica&スマートEXの使用目的で使ってたサブスマホ。
これまでドコモ機の「Xperia Z3 Compact SO-02G」を白ロム購入して使っていて概ね不満はなかったんですが、さすがに4年程使っているからかバッテリーの持ちが悪くなってきたり、rootedしていたけど急にrootが壊れたりと不安定だしOSも古いしで機種変更する事に。

で、色々迷った結果、SHARPのSIMフリー「AQUOS R compact SH-M06」になりました。
申し込んだ直後にSIMフリー版の「AQUOS R2 compact SH-M09」発売の発表がありましたが「R compact」の方です。
丁度、IIJmioで値下げセールしてたのでつい・・・。
AQUOS R compact




ぶっちゃけ、「R compact」でも値下げされてても決してお安くはないし、用途的には完全にオーバースペックなんですが。

正直、シャープ機なら「AQUOS sense lite SH-M05」とか「AQUOS sense plus SH-M07」とか「AQUOS sense2 SH-M08」あたりでも十分だったし、そもそもシャープに拘ったわけでもないし、SIMフリーでなくてもよかったんですけどね。

あくまで条件は小型、軽量、おサイフケータイ(FeliCa)使える事で、できればまた数年使う事を視野に入れてAndroid 9まではせめて上がって欲しいってあたりでした。
この中で「R compact」が一番軽くて小型だったのがポイントだったので。
それでも重量が140gでZ3Cの129gからは相当増えちゃってるんですが。
本音を言えばそれこそ超小型の「Jelly Pro」クラスでおサイフケータイ対応機とか出して欲しいんですけど。
まあ、そもそも2台持ちしなくてもメインのiPhoneでApple Payで良くね?って言われそうですが、Edyとnanacoが使えないのがね。
特にnanacoは公共料金とかの収納代行が支払えるのが大きいので。

で、乗り換えた「R compact」。
操作感とかはZ3CからだとSoCもSnapdragon 801からSnapdragon 660とかなり世代も上がってパフォーマンスもよくなっているので当たり前だけどサクサクで、ストレスなく操作ができますね。

そして指紋認証が使えるようになったのも大きい。
Touch IDやFace IDにすっかり慣れてしまっている事もあって便利です。
エラーも多く若干、精度は甘い気がするけど。

あとはバッテリー。
Z3Cが2600mAh、「R compact」が2500mAhで容量がそもそも減るし、画面も大きくなるしで一番懸念してた事ですが減りはやっぱり早いかなぁ。
バッテリーが弱っているZ3Cとあまり持ち時間変わらないかも。
まあ、Z3Cはrootモードでの「Greenify」でガチガチにいらないプロセスを殺しているのでそこが大きいのかもだけど。
「R compact」はroot取るつもりはないというか取れないけど、「Greenify」は非rootモードでもある程度は制御できるのでチューニングしていくしかないかな。
非rootモードだとプロセスの止め方がきれいじゃないないので最初は使う気なかったけど。

とまあ、バッテリーだけはちょっと残念だし、サイズ感もギリギリの許容範囲だけどまあ満足です。
「Android 9 Pie」も近いうちに出ると思うし。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/323-264dd4af