Date: 2019.04.29
Home / Security. / 「GPD Pocket 2」でようやくSophos Home Windows v2系がまともに動くようになった。
Sophos Home Windowsがv2にメジャーバージョンアップ。したら「GPD Pocket 2」が死んだ。」で書いていた通り、長らく「GPD Pocket 2」でSophos Homeがまともに使えず、仕方なくWindows Defenderを使っていました。
まあ、別に動作に支障があるわけでもないし、自宅内であればXG Firewallがあるのでさほど問題ではなかったんですが。
(Windows Defender自体精度が上がっているらしいですしね。)

正直検証も面倒だし、あれから放置が続いていたんですが、4月22日にv2.1.2のリリースノートが出てクライアントのアップデートに気付きました。




アップデート内容は以下内容。

・CHOME-5460 - Incompatibility with MDX Intel Driver
・CHOME-5421 Surface Book 2 - Unable to use camera or Windows hello if webcam protection is on

最初はふーん、程度だったんですが、よくよく読むと「MDX Intel Driver」って何ぞや?と。
恐らくこれ、「MPX Intel Driver」の間違いじゃないのかと思い、それならば非互換性のせいで例の問題が起きてたのが改修されたって事なのではないかと推測。

で、久々に「GPD Pocket 2」に再導入してみて検証を。

結果は、「System」プロセスの「MpxRuntime.sys」スレッドがCPU高負荷になる事もなく安定!
これで暫くは安心して使えます。(これ以上余計な事しないでね。)

【追記】
Sophos Homeのクライアントバージョンがv2.1.3にアップデートしてました。
例のごとくリリースノートはまだ出ていません。
「GPD Pocket 2」の動作に影響はなさそう。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/330-2d4d37ca