Date: 2019.06.18
Home / Windows. / 「Windows 10 May 2019 Update(Version 1903)」はSophos Home導入環境はまだブロックされているらしい。
6月6日に手動で更新プログラムのチェックを行った環境でもアップデート可能な状態になるようリリースされた2019年最初の大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update(コードネーム:19H1、Version 1903)」。
色々やらかした「October 2018 Update(Redstone 5、Version 1809)」と違い、今回は大きなトラブルもなさそうだしさくっと当てておこうかなと思ってました。

ましたが、今日現在、いくら手動で更新プログラムのチェックを行っても出てきてくれません・・・
以前はUSBストレージやSDカードが悪さするとか、ストレージ構成によってはダメとか色々情報があったけどメインPC、「GPD Pocket 2」、VM上の仮想PCの全てでダメで、これは構成うんぬんじゃないなーとは思っていたんですが、そこまで力入れて調べる気もなく半分放置してました。




で、今日、旧メインPCだったノートPCにパッチ適用しておこうと思って起動したら。

Windows 10 May 2019 Update 今すぐダウンロードしてインストールする

普通に降ってきた。

何でだろうと暫く考えた結果、まあ、タイトル通りです。
このPCだけとある理由でSophos Home入れてませんでした。
もうこれしかないんだろうと。

で、Sophosのフォーラム覗いてみたら案の定ですよ。
Possible Memory Problem after Windows 10 1903 Update - Sophos Community

細かく読み込まなかったけどどうやら「May 2019 Update」にすると「Sophos Endpoint Defense Software」の「Sophos System Protection Service」がメモリリークして暴走するみたい。

Sophosよ、またおまえか。

導入できてしまって使い物にならなくなるよりはMicrosoft側でブロックしてくれててありがたいけど、色々不具合多いなぁ・・・
β時代はこんな事なかったのに。
とりあえず降ってきたノートPCももう暫く適用は様子見しとこうと思います。


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/336-b8d0fad5