Date: 2016.05.28
Home / NAS. / おうちで自作NAS - FreeNASの更新適用後の注意点
FreeNASの更新「9.10-STABLE-201605240427」が出ていたので適用しました。

FreeNAS自体は適用後も特に問題なかったけど、独自にパッケージとか導入していた場合の注意点メモ。
(そんなに必要な場合はないかもだけど。)


apcupsdを導入していましたが、導入パッケージやapcupsdのコンフィグ自体は特に問題なく保持されていました。
が、FreeNASの更新後、apcupsdが起動していない。

調べてみたところ、自動起動設定を記述していた「/etc/rc.conf(実際には/conf/base/etc/rc.conf)」がリセットされていた為でした。
「apcupsd_enable="YES"」を記述してやってなんなく直りましたが、今後はアップデートの度に忘れずやらないと。

他にも書き換わってるものがありそうなので、FreeBSDとして手を入れているものがある場合はチェックが必要そうです。

【追記】
その後の更新では特にこういった事象は発生しませんでした。
なんだったんだろ。

【更に追記】
FreeNAS-9.10.1-U2を適用したタイミングでまた同じ状況が。
アップデート内容によってシステム部分まで書き換わる場合もあるようです。

【関連記事】
■UPS関連
UPSを買ってみた。
スティックPCにapcupsdを導入。
CentOSなRaspberry Pi 3にapcupsd導入。
おうちでVMware - ESXi UPS連動編

■FreeNAS関連
おうちで自作NAS - パーツ編
おうちで自作NAS - 組み立て編
おうちで自作NAS - FreeNAS9.10インストール編
おうちで自作NAS - FreeNAS9.10構築編
おうちで自作NAS - FreeNAS更新編
おうちで自作NAS - FreeNAS ZIL/L2ARC設定編
おうちで自作NAS - FreeNAS ブートデバイスミラー設定編
おうちで自作NAS - FreeNAS UPS連動編
おうちで自作NAS - FreeNAS S.M.A.R.T.設定編
おうちで自作NAS - FreeNAS Scrubs設定編


Secret

TrackBackURL
→https://000dandelion000.blog.fc2.com/tb.php/98-c7b568f6