任天堂が発売して大ヒットとなった「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」。
セガも2019年に延期となったけど「メガドライブ ミニ」を発売を予定していたりと、選ばれたゲームソフトを予め収録した往年のゲーム機の外観を小型化し復刻したものが流行ってはいますが。

そこに、とうとうソニー・インタラクティブエンタテインメントも便乗、初代プレステを復刻した「プレイステーション クラシック」を12月3日に発売するそうです。
プレイステーション クラシック

収録ソフトは20作品でコントローラ2つ付き。
今月のPS Plus加入者特典としてReader Storeの雑誌を無料で読めるってのがあって。
そういや結構前に少し使ってたなーとか思いReader Storeにログインしてみようとしたんですが。

お客様のSony Entertainment Network(SEN)アカウントは、2段階認証が有効になっているため、ソニーストア、Reader Store、アカウントサービスなどMy Sony IDで利用されるサービスにはサインインすることができません。
ご利用になる場合は、2段階認証の設定を無効にする必要があります。SEN アカウント管理画面で設定してください。

と怒られます。

はぁ・・・はぁっ?!
以前、「上海問屋(ドスパラ)のタッチパッド付き小型ワイヤレスキーボード「DN-915265」を買ってみた。」で購入していた上海問屋(ドスパラ)の「DN-915265 タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」。

タブレットとか、ちょっと使いには割と便利なんだけどやっぱりキー配列に困る事が多々あったんですが、これの日本語配列モデル「DN-915459 [日本語配列] タッチパッド搭載 2.4GHz ウルトラコンパクトワイヤレスキーボード」を出してきました。
DN-915459 キー配列
今日、Amazonさんプライムデーセールで買い物しようとして支払い処理を進めていた時にふと違和感を感じて改めて支払い方法の欄を確認してみたら。

Amazon クレジットカードで分割・リボ払い

いつの間にかクレジットカードの支払い方法に分割払い、リボ払いの選択肢ができてるじゃないですか。
ちょうど休みだった事もあって、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を公開初日に観てきました。
初日に映画館に行くことって今までなかったので混んでるのかなと思ったけど、レイトショーってもあったのかもしれないけどかなりスッカスカでした。
まあ、前作「ジュラシック・ワールド」もジュラシック・パークシリーズとしてどうなんだってものあったし前評判も悪かったし微妙感はあったんですが。

そしてその通りで相変わらずモヤモヤして終わったんだけども。
ドスパラが上海問屋ブランドから発売された「DN-915265 タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」を買ってみました。
発売した事は知っててたまたまドスパラに寄ったら1個だけ残ってたから衝動買いしちゃったんですが、結構人気あるっぽい。

上海問屋 DN-915265 タッチパッド搭載ミニワイヤレスキーボード 外箱

なお、上海問屋が販売するってだけで、実際にはRiitek社の「Rii Mini Wireless Keyboard i15」そのものです。
技適はちゃんと取得されています。
プロリンクジャパン社から発売されたIQOS互換製品の「gippro エレクトロニック スティック SW-2」を買ってみました。
gipproはジプロと読むようです。

アイコス自体も持っているけど、ちょっと試してみようかなと。
ちなみに、この製品はホルダー本体のみで完結する製品です。
アイコス互換品の為、アイコスのヒートスティックが使用できます。

gippro SW-2とIQOSの外箱比較。
gippro SW-2のカラーは現状、赤色のみです。
なお、gipproロゴの小さい方の箱はSW-2の交換用の「加熱ブレードコアユニット」(定価2,000円)。
gippro SW-2とIQOS 外箱

Amazonとかは分からないですが、こっちで買うと今ならおまけでもらえます。⇒「gippro SW-2 - ドラレコ問屋
ソニーが1999年に発売した犬型ロボットAIBO、2014年に修理対応終了となって飼い主さんが喪に服す等、色々と衝撃を与えていましたが、今日、噂されていた新型となる自律型エンタテインメントロボット「aibo(ERS-1000)」を発表しました。

aibo.jpg

持ってはいなかったけど、懐かしいなぁと思いつつ、見た目の機械感が更になくなって犬々しさがさらに増したのはある意味残念。
正直初代が一番よかったような。

詳細は後述するとして、価格は198,000円(税別)、本日11月1日 PM11:01からソニーオンラインストアで先行予約販売開始ですって。
「わんわんわん、わんわんわん」ですか・・・
今月、10月17日にリリースされるWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」、そのアップデートでいよいよWindows Mixed Reality(以下MR)が実装されます。

そして、Windows MR対応ヘッドセットも色んなメーカーから発売予定になっていますが、まずはAcerが「Fall Creators Update」リリース同時発売する「Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101CV」の予約が開始に。

Acer Windows Mixed Reality Headset AH101


Amazonの他、ヨドバシ.comなんかでも予約受付中になっています。
(個人的に外観の色使いが微妙ですが・・・)
先日、Amazonが音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカー、「Amazon Echo」の年内発売を表明。
昨日にはGoogleがMade by Googleイベントで「Googleアシスタント」搭載「Google Home」の日本参入を発表、10月6日から順次発売予定のようです。
Appleも「HomePod」が国内参入を予定しています。

そして、今日はLINEがAIアシスタント「Clova」を搭載する「Clova WAVE」の正式版を発表、本日から発売となります。

一気にスマートスピーカーの普及が加速してきました。